結婚指輪の注文

結婚指輪候補が絞られてきたら、実際に注文へ。

この際に、男性の好みと女性の好みに大きく違いがあっても構いません。

あくまで結婚指輪は結婚のしるしとしてのリング。

二つのリングが全く同じデザインや素材である必要はないのです。

男性側がゴールド、女性がプラチナでも構わないし、男性はボリューム感のあるバンドタイプ、女性側はウエーブをきかせて華奢なデザインでもまったく構わないので、自分たちの指やライフスタイルにあったものを選びましょう。

2人で結婚指輪を着けた状態で、手のアップの写真を撮ることも少なくないですが、男性のリングと女性のリングのデザインが一緒というのは意外と少ないものです。

結婚指輪を注文する際には、内側に日付やシンプルな英語文字を刻印するカップルが多いです。

どんな文字にするか、いつの日付にするかなどは事前に話し合って決めておくといいでしょう。

ファッションジュエリータイプの既製品で済ませようと思っているカップルでも、刻印などを行うことでぐっと特別な目的のあるリング感が盛り上がります。

こうした結婚指輪への加工は一定の時間がかかりますから、その日のうちにその場で持ち帰ることは難しいもの。

できあがる日付を確認して、引き取りの日程をきちんと確認しておきます。

既製品に刻印、サイズ直しをするだけでも1カ月程度はかかりますし、オーダーによっては3か月かかることもありますから、前もって計画的に注文できるようにしておきましょう。