結婚指輪の裏面

結婚指輪の裏側にはメッセージや日付を刻印することが多く、刻印を入れることで結婚指輪が自分たちだけの特別なリングになります。

文字だけでなくハートマークなどの記号を入れられることもあれば、小さい誕生石を入れて隠しデザインにすることもできます。

結婚指輪の裏側デザインに工夫をすると、より自分たちだけの特別なリングになるのが人気の秘密でしょう。

とはいえ、指輪の裏側という限られた面積に刻印するため、多くのショップでは文字数に制限を設けています。

婚約指輪の方が結婚指輪よりは文字数の制限が厳しいのが一般的です。

指輪のデザインにもよります。

基本の刻印代金は結婚指輪の価格に含まれているショップが多く、多くのカップルが刻印を行います。

追加文字は有料扱いなどショップによって代金が変わってくるので最初に確認をしておきましょう。

結婚指輪の裏側の刻印は、多くが結婚した日付とふたりのイニシャルです。

結婚式の日付や入籍した日付を入れることが多く、〇&×や〇to×のように誰から贈られたかがわかるようにするのが一般的。

場合によっては家紋や顔写真、直筆メッセージなどを入れてくれるショップもあるそうです。

結婚指輪の場合、長い間身に着けているとサイズ直しが必要になることがあります。

リングの裏側にびっしりと入った刻印は、サイズ直しの時にはリングを一度切断して再び接合するという工程を経るので、消えてしまうことが多いのです。

あまり凝った刻印を勧められないのにはそれなりの理由があるんですね。

《注目ページ》婚約指輪/エンゲージリングの刻印・メッセージ文例集